導入メリット

業務効率化について(現状)  管理業務効率化によるコスト削減はポイント  ・・・>2度手間3度手間になっている業務は多々あるはず。また、管理そのものの見直しをすることで意識改善、業務改善へと繋がる。 現状で多く見られる状態 1)予算書は1から作る ・・・せっかく見積段階で業者さんから見積を取ったり、概算コストを産出していたのに実行予算はまた1から作り直しする 2)発注書作成が手間で口頭になっている ・・・業者さんへの発注書を作成するのが手間なので電話でお願いし、取極めをしっかりやれなかったために過払いが発生するケースがある 3)予算管理が出来ず支払いベースの原価管理となる ・・・工種ごとの予算を組んでいるにも関わらず、管理上、最終的に掛かった原価を把握してみると過払いが多くなり、見込んでた利益が   確保できないケースが多々ある。 業務効率化について(今後) ポイントは3点 1)システムの連携により無駄な作業を低減 ・・・見積システムから、実行予算、発注書作成、工事原価管理請求書発行、入金管理は全て連動し管理することで、2度手間3度手間の   業務を改善していくことが出来ます。 2)協力業者との取極めはしっかり行い過払い等を無くす ・・・システムの連携により発注業務の手間は省けますので、ここから協力業者との取極めはしっかり行い、追加工事発生時でも大きな   出費が発生しないようなケアなどしっかり行い過払いをなくしていくことが必要 3)予算管理により利益予測をたてる ・・・これまでのどんぶり勘定の管理から、しっかりと予算を組んで、各工種毎に利益予測を立てていくことが必要。それにより、   工事の最終利益を事前予測し経営判断を行うことも出来るし、1工事ごとの利益の調整を行っていって赤字工事を未然に防ぐことも   可能となります。

Copyright ©All rights reserved.けんせつLIGHT.